Ken2Pa!ケンケンパ!

デジタル検版|印刷物のデジタルデータ比較検査ソフト

印刷検査・検版シリーズの基本性能をそのままデジタルデータ間の検査に引き継ぎ、

従来のデジタル検査では不可能だった組み合わせのデジタル検査・デジタル検版も可能に!

不可能を可能に!次世代の印刷物デジタルデータ検査

従来の【初校】対【再校】だけでなく…

従来の検査可能条件

・同じサイズ

・同じRIP

デジタルデータ間の検査でありながら、これら全ての検査に対応!

従来のデジタル検査・検版ソフトでは、同一サイズ、同一RIPによる検査・検版しか出来ませんでした。ケンケンパ!では独自開発の検査エンジン【EyeMine】搭載により、今までは不可能だった「貼り付け方向の違うデータ」「トンボの有る無しなどのサイズ違いのデータ」「単面と殖版済みのデータ」「単面とページ面付けデータ」、また「DTPソフト、OS、フォント、データフォーマット、RIPのバージョン違い」等のデジタルデータ比較検査・検版をも可能にしました。

特徴と基本性能

印刷検査・検版シリーズ共通の検査における基本機能はこちら

検査用フォルダは自動監視フォルダになっており、ドラッグ&ドロップで自動検査を開始します。

上記の様な、様々な異なる種類のデジタルデータ間の検査が可能なケンケンパ!では、この検査用フォルダも、用途や検査精度に合わせて複数作成でき、様々な検査を効率良く行うことが可能です。

 フォルダにドラッグするだけで

様々な種類のデジタル検査が可能!

実際の運用例と主な機能

運用例❶ 修正・内容検査

DTP変更前と変更後で修正内容のチェック。もちろんオーバープリントやノックアウトの差異も検出します。

また文字だけでなく、写真の調子の違い等、0.3%程度の微細な違いでも検出可能です。

原稿サイズは同じなのに、トンボのなし・ありで用紙サイズが異なる、或いはデータが回転している様な場合でも、比較先原稿から自動で位置・回転方向を検出、検査を開始します。

運用例❷ 校了データと面付けデータでの検査

校了データが面付け時に変化してないかのチェック。

単面

面付け

面付けされた比較先の中から自動で検査対象の位置を検出、回転方向の違いも判断し、全て自動で位置を検出、検査を開始します。

オプション機能により見開きデータと面付けデータで、折り方により表・裏に分かれて面付けされている場合でも自動検査が可能です。(※)

(※)CTMオプションが必要となります

運用例❸ 異なるRIP間での検査

最終的に出力するRIPと制作時のRIPが異なる場合のチェック。

従来の検査エンジンではこの微細なRIP処理の違いを検出、これを誤植だと判断してしまいます。

もちろんアイマインではこれを誤植ではないと判断します。

面付けされた比較先の中から自動で検査対象の位置を検出、回転方向の違いも判断し、全て自動で位置を検出、検査を開始します。

運用例❹ RIPのバージョンアップによる再版時の検査

RIPのバージョンの違いによる差異が無いかをチェック。同一メーカーのRIPであってもバージョンが違えば処理が変わります。また今後RIPの処理エンジンがCPSIからAPPへと変わります。再版時に確実に同じものを出力しているか確認する必要が出てきます。

運用例❺ PDF(PSデータ)+カンプ用TIFF画像の検査

PDFなどのPSデータの入稿では、様々な環境の違い「OSの違い」「ソフトの違い」「ソフトのバージョン違い」などにより、入稿後に思いがけない変化が出てしまうことがあります。

知らない間に勝手にフォントが変更されてしまったり

 オーバープリントOFFで入稿されたPDFが印刷会社で開くとオーバープリントONになってしまう例

 90度回転させて面付けする時などに、画像の位置がずれて下地が見えてしまい線が入ってしまう例

このように思いがけないトラブルが発生するPDF入稿では、より信頼のおけるカンプとの比較検査が重要となってきます。そこでTIFF画像のようなラスター化されたカンプを使用することをご提案させて頂きます。

TIFF画像には変換後の変化がなく、JPEG等に比べ画像品質も高い等の利点があり、入稿されたデータが意図せず変化してしまった箇所を発見するのに非常に有効に活用できます。

パッケージ内容と推奨動作環境

入力フォーマット

1bit/Gray/RGB/CMYK TIFF

Gray/RGB/CMYK JPEG

(1BitTIFFは「追加ソフトウェア」を参照)

出力フォーマット

Gray/RGB/CMYK TIFF

Gray/RGB/CMYK JPEG

推奨動作環境

OS : Windows 7 Professional SP1 32bitか64bit Intel Core i5以降

追加ソフトウェア

WindowsGDI自動印刷ソフト

HotPrint ホットプリント

検査結果を逐次自動で印刷します。

¥200,000(税抜)

1BitTIFFからの移植TIFF作成ソフト

ProofMaker  プルーフメーカー

1BitTIFFデータからの通常のコンポジットTIFF画像を任意の解像度で生成します。

¥600,000(税抜)

RAM : 32bit OS / 4GB以上、64bit OS / 8GB以上

  • Ken2Pa! Server(1ライセンス)

  • HallmarkViewer(フリーライセンス)

  • HallmarkClient(1ライセンス)

  • ImageSelector(フリーライセンス)

© 2019 by GTB Co.,Ltd.