ProofMaker プルーフメーカー

CTPデータ(1bitTIFF)からでも再利用可能な写真品質

MTHQ(マルチスレッド・ハイクオリティ)オプションが登場しました。

マルチスレッド処理でより高速に、新開発の網解析エンジンでより高品質なフルカラー画像を生成します。

従来と同品質での処理で最大約5倍の高速化を実現しました!※1

MTHQオプションで1Bit運用のメリットをさらに進化させます!

MTHQオプション

従来処理

  • 在版フィルムをスキャニングしたデータ等から、DTPアプリケーションへの再利用に

  • プルーフ出力する画像の品質向上に

  • ホールマーカー・シリーズの検査画像として利用すれば、検査精度が向上します

従来ソフトとの処理速度比較

ProofMaker

+MTHQオプション

+MTHQオプション

(従来ソフト)

従来ソフトと同一処理

自動解析エンジンで高品質処理

67秒の短縮!

高品質でも23秒の短縮!

速度比較にはこちらの評価サンプルを用いました。

評価サンプル

1030 x 800mm / 2400dpi / G4 Compressionの1BitTIFF C、M、Y、K、4版の画像を、400dpi / LZW CompressionのCMYK CompositeTIFF画像にでスクリーニング

PCサンプル

OS   : Windows7 SP1 Professional 64bit

CPU : Intel Core i7-2600 @3.40GHz

RAM : 8.00GB 

ProofMakerの主な機能

製版用の高解像度1bitTIFFデータから、出力機に合わせた解像度のプルーフ用コンポジット(CMYK)TIFFデータを作成します。プロセスカラーは各CMYK成分で、特色はCMYKの疑似色成分に従って、コンポジットのカラーデータを作成するので、トラップや掛け合わせ色の確認も行えます。

 

RIP済みの製版用データを元にするので、ProofMakerで作成したプルーフ用データと、刷版、印刷、で内容が変化する恐れがありません。出力したプルーフで確認し、修正が無ければ再RIP処理を行うことなく、元の製版用データを直截CTPに出力できます。

インクジェット

+特色

コンポジット出力

(CMYK)

レーザープリント

CTP

動作モード

Tiffモード(全版)

監視フォルダに、使用指示のされた全ての色版ファイルが揃った時点で、自動的に処理を開始し、プルーフ用のコンポジットTIFFファイルを作成します。

Tiffモード(版数指定)

2色刷りや、特色を多用する色版名を指定できない運用で使用します。

予め使用する可能性のある色版名(特色版名を含む)を全て登録しておきます。監視フォルダに、同じジョブ名を持つファイルが、指定した版数揃った時点で処理を始め、プルーフ用のコンポジットTIFFファイルを作成します。

テキストモード(全版)

PlatePlanner等の、他のGTB社製Bit-Throughシリーズ製品で出力したジョブチケットを受け取り処理するモードです。

チケットを受け取った時点で処理を始め、記述されている情報で必要版と色を決定し、プルーフ用のコンポジットTIFFファイルを作成します。

ジョブチケットが投げ込まれると、記述されているファイルを集めて、それぞれの色成分でコンポジット画像を作成します。

濃度設定による色合わせ機能

色版毎にマウスドラッグや数値入力で濃度補正カーブを作成し、色を合わせて行くことができます。

濃度計の計測データをテキスト入力できますので、正確な補正カーブも簡単に作成できます。

製品仕様・動作環境・価格

製品仕様

入力 1BitTIFF(非圧縮/G4/G3/PackBits)

出力 CMYK Composite TIFF(非圧縮/LZW/PackBits)

         CMYK JPEG(圧縮比は4段階から選択)

推奨動作環境

HW  32bitまたは64bit PC/AT 互換機

OS Windows XP SP3/7 SP1(64bitOSではWOW64で動作)

CPU Intel Corei3以上
RAM : 2GB以上(64bitOSでは4GB以上)
HDD : 20GB以上の空き容量

価格

¥900,000(税抜)

¥600,000(税抜)

・ProofMaker

・MTHQ Option

¥300,000(税抜)※2

※1 結果はPC処理能力に依存します

※2 MTHQオプション単体では動きません

© 2019 by GTB Co.,Ltd.