刷版・印刷現場はデジタルワークフローになってもう完璧?でもその中で解決したい問題が沢山ありませんか?

1BitTiff編集ソフト・CTPワークフロー

シリーズ

デジタルワークフローが主流??

印刷そのものはこれからもアナログです

CTPやCIP3の導入により、刷版部門や印刷現場もデジタルデータに対応しなければならなくなりました。

 

しかし、いくらデジタルフローが完璧でも印刷自体はアナログです。天候による湿度や気温の変化、紙の厚さや目の方向、浸し水のpHなどがその仕上がりに大きく影響し、その他にも様々な原因により、版の出力し直しを余儀なくされてしまうのが現実です。

  • 見当ズレ発生

  • 印刷機ごとに色に違いが

  • モアレ発生

  • 後工程での一部差し替え指示

  • 調子加減を調整したい

  • ゴースト出現を予測したい

  • 印刷機が故障、急遽別の印刷機で出力

「この部分だけを現場で解決できれば」

工程をさかのぼってやり直すことなく「その場でデータの確認・修正・調整ができる」そんなかゆいところに手が届くシリーズです。

1BitTiffとBit-Throughとは?

 

Software

デジタルワークフローの中で起こる様々な事故・不良・トラブルを例に、シリーズのソフトと機能をご紹介。

・PlatePlanner

・PlatePlanner for Package

・JobEditor

・PlateGenerator

・StripEditor

・Digital Plate Checker

・QuickViewer

・HotPrint

・ProofMaker

・FanoutCorrector

・DLAdjuster

・DotAdjuster

・ReDimension

・Resizer

・Rotator

・CIP3Generator

もう刷版確認にプリント出力は不要です!印刷出力することなくモニターで直接刷版確認!出力用紙の無駄、プリント時間の無駄、作業スペースの無駄を解消します。

MTHQ(マルチスレッド・ハイクオリティ)オプションが登場しました。マルチスレッド処理でより高速に、新開発の網解析エンジンでより高品質なフルカラー画像を生成します。

 

Information

Support

シリーズ各製品の価格表です。

ビットスルーシリーズを御導入頂きましたお客様の一部です。1BitTiffワークフローでの円滑なデータ交換、お取り引きが可能なお客様をご確認下さい。

最新のOSやハードウェア環境に対応した最新版をご提供させて頂くバージョンアップ・プログラムのご案内。

ハードウェアキー(ドングル)の交換についてのご案内。

単面の1BitTiffからCADデータを基に殖版、版面設計を行いパッケージ印刷を行うワークフローを構築します。

MicrosoftによるWindows XPのサポートが終了しました。引き続き安心してビットスルー・シリーズをご利用頂く為にも、最新バージョンへのバージョンアップをご検討下さい。

Column

Bit-Throughと1BitTiffについて更に深く掘り下げたコラムをご紹介。

Bit-Throughシリーズの利用法、利点などが詳しく解説されております。検討中のお客様は是非ご覧ください。

  • GTB Facebook
  • GTB Twitter
  • GTB Instagram

© 2020 by GTB Co.,Ltd.